結婚式のマナーと常識

結婚式のマナーと常識について書いていきます。結婚式の招待状が届いたときの書き方は、まず表書きの何々行(結婚式招待者の名前)となっているところの「行」を二重線で消し、「様」と書きます。そして、裏の御出席、御欠席と書かれている「御」の部分を二重線で消し、出席か欠席かに丸を付けます。出席の場合、出席と書かれているうえに「喜んで」を書き、下に「させていただけます」などと書けば、さらに良いです。欠席の場合、欠席の理由などを書き込むようにしましょう。しかし、「多忙のため」は失礼にあたるので気を付けましょう。名前や住所についている「御」の部分も消しておきましょう。 ご祝儀は基本的に割り切れない3万円か5万円などが良いですが、2万円や4万円など偶数金額を包む際には、1万円札と5千円札2枚など奇数枚にして包むのがマナーです。当日の服装も男性はフォーマルなスーツに白ネクタイが良いです。女性はロングヘアーの方はアップにしたり露出度の少ない服装にするなどしましょう。男性も女性もあまりにも目立つ服装はNGなので気を付けましょう

太陽光発電 メリット 法人

エコキュートって岐阜県で実施している自宅は多いですか